チェンジアップをマスターしよう!


そもそもなぜチェンジアップはバッターからする打ち難いのでしょうか?
皆さんも試合などでチェンジアップを投げられてバットが空を切ったりチェンジアップを狙っていても打ち損じたケースが1度や2度ではないと思います。

チェンジアップはボールをどの指にも掛けずに抜くボールなので、腕の振りの割にはボールがなかなか来ない。他のボールよりも遠近感がつかみにくい為、うち難い大きな理由です。

腕の振りのスピードはストレートなのにボールはなかなか来ない、それゆえに空振り、あるいは打ち損じになるのです。

また、チェンジアップはボールを指に掛けないので変化球の中では1番肘に負担のかからないボールです。その為、メジャーリーグのピッチャーの多くがチェンジアップをマスターしています。

それに対して最も肘の負担が大きい変化球はスプリットのようにストレートに近い変化球です。
ヤンキースの田中将大投手の肘の故障も関係が深そうです。

Menu

HOME

 TOP