今更かもしれませんが。朝練のススメ!


野球が上手くなりたい。。。これは子供から大人まですべての野球人に共通する思いです。

野球が上手くなりたいのなら絶対に朝練をオススメします。

といってもこれは、根性論から言っているわけではありません。「朝練をしないような選手は上手くなれない!」というわけではないのです。

あくまでも理論上に基づいてのお話です。

とは言え朝に練習するなんて部活の朝練でもないしと思うはずです。働いていて夜が遅かったりすると少しでも長く寝ていたいのが本音です。

なぜ朝練が良いのか?それは、寝起きというのは筋肉がニュートラルな状態になっているためです。

地球上で暮らす限り、人間には常に重力が伴います。そしてその重力は朝起きて、時間が経てば経つほど身体への影響を積算させていきます。

つまり、寝起きと寝る前とでは、筋肉の状態はまるで違うんです。人間の一生に例えるならば、寝起きの筋肉が生まれたての赤ちゃんで、寝る直前の筋肉はお年寄りと表現することができます。

その日のお年寄り状態である時の筋肉は、寝起きと比べるとかなり硬くなってしまっています。

それは一日身体が重力にさらされることで、重力に対抗し終えた状態になってしまうためです。逆に寝起きの筋肉は、まだ重力にさらされていません。

そのために一日の中で、筋肉は最もほぐれた状態にあるのです。

このほぐれた状態でシャドーピッチングをすることで、身体はスムーズに良いピッチングモーションを覚えていきます(マッスルメモリー)。

逆に重力に対抗し終えた筋肉の状態でシャドーピッチングを繰り返しても、練習の効果は得られますが、最高の効果を得ることはできません。

そして朝は、一日の中で最も酸素濃度の薄い時間帯です。

逆に夜は、最も酸素濃度の高い時間帯です。朝30分ジョギングするのと、夜30分ジョギングするのとでは、まったく効果が変わってきてしまいます。もちろん酸素の薄い朝に走った方が、練習効率は高くなります。

また、朝起きた直後は空腹のため脂肪を燃やしてエネルギーを生み出します。減量にも効果絶大です。

早起きは三文の得とは昔の人は良く言ったものです。しかし野球選手にとっての早起きは三文どころか、もっともっと価値があるものの筈です。

何かを得るためには何かを犠牲にする。何も野球だけに当てはまりませんよね。

Menu

HOME

 TOP