昨季の田中将大投手 PAP(pitcher abuse point)投手酷使指数では、なんとMLB先発投手の5年分に相当 する!


起こるべくして起こった悲劇──ヤンキース・田中将大の故障について、米球界ではこの論調が
多く見られる。故障者リスト(DL)入りした7月9日には、米スポーツ専門テレビ局ESPNが、
「今回の故障は日本時代からの投げすぎが原因」と指摘しました。
アメリカでは投手の肩肘は消耗品という考え方なので価値を図る上では引き算。
一方日本では投げ込んで肩を作るという場合もあるので時には足し算の考え方が当てはまります。
日本球界を批判するその根拠は、「田中は日本で投げた昨季、『PAP』の数値が異常なほど高かった」
というものであります。

PAP(pitcher abuse point)とは米国の野球専門のシンクタンク「Baseball Prospectus」が
考案した指標で、いわば「投手酷使指数」です。
日本ではまったくもってお目にかかれない指数です。

先発投手が1試合で投げた球数から100を引き、その数を3乗した数を算出(例えば110球なら、
10の3乗で1000ポイント、140球なら40の3乗で6万4000ポイント)。これを毎試合累計して、
シーズン通算で10万ポイントを超えると故障の可能性が高まり、20万以上で「いつ故障しても
おかしくない水準」と見なされます。

PAPは米国では非常に信頼の厚い数値とされ、MLBで先発投手が100球を目処に交代させられることが
多いのは、この数値を気にしているからです。

「監督やコーチは各投手が通算20万、1試合で5000(117球に相当)を超えないように厳しくチェック
しています」

「昨年の田中はレギュラーシーズン通算が21万4666、1試合平均が7667。ポストシーズンだけで
通算24万3683、平均8万1228に達しました。合わせて45万8349。これはMLBの平均的先発投手の
5年分の数値に相当します」

ちなみに以下がMLB各球団の主力投手の2014年登板間隔です

アダム・ウェインライト
中4日 11回
中5日 5回
中6日以上 3回

フリオ・テヘラン
中4日 11回
中5日 7回
中6日以上 2回

デビッド・プライス
中4日 11回
中5日 8回
中6日以上 2回

フェリックス・ヘルナンデス
中4日 12回
中5日 7回
中6日以上 2回

田中将大
中4日 8回
中5日 8回
中6日以上 2回

田中投手が特別酷使されたとは言い難いです。
参考までにダルビッシュ 投手のデータです。

2012年
中4日 13回
中5日 10回
中6日 6回

2014年
中4日 8回
中5日 5回
中6日以上 5回

登板間隔だけで球数まではわかりませんがダルビッシュ投手も故障してもおかしくはない数字です。
田中投手の故障の原因は色々と論じられていますがこの登板間隔、球数に肘が悲鳴を上げたことは確かです。

Menu

HOME

 TOP