肩を温める野球肩の予防方法


ピッチャーは、登板を終えるとアイシングを行うのケースがほとんどです。
このアイシングは、野球肩の保存療法の一つでもあります。
ボールを投げる動きによって起こった炎症と、

小さな損傷を抑える効果が期待できます。
しかし、何でもかんでも冷やせば良いというわけではありません。
アイシングを行うのは、登板を終えた後だけにしましょう。

野球肩の予防方法として、肩を冷やさない事が挙げられます。
つまり、普段から冷やせば良いというものではないのです。
炎症や損傷が起こっていないのに、アイシングを行うような事はやめましょう。
逆に、練習を終えて自宅に帰ってきてからは、温熱ケアがオススメです。

温熱ケアは、その名の通り肩を温めて行うものです。
肩を温める方法としては、蒸しタオルを乗せると良いでしょう。
蒸しタオルは、一旦水で濡らしたタオルをぐるぐると丸めて、

電子レンジで加熱すれば作る事ができます。
加熱時間には電子レンジの強さや

個人の好みによっても異なりますが、

1分が目安とされています。
こうして作った蒸しタオルで肩を温めて、

温熱ケアを行うと野球肩の予防及び治療に効果が期待できます。

 

また、肩を冷やさない為には

アンダーシャツの選び方も重要になります。
ノースリーブのアンダーシャツもありますが、

これでは肩が冷えてしまいます。
その為、できるだけ

袖の長いアンダーシャツを選ぶようにしましょう。
そして、汗をかいた状態で

放置しても冷えてしまうので、

汗をかいたらすぐに着替えるようにしましょう。
このように、

出来るだけアイシング以外では

肩を冷やさないようにすると、野球肩の予防に繋がります。

Menu

HOME

 TOP