ストレッチで野球肩を予防する上での注意点


野球肩の予防に欠かせないのが、ストレッチです。

ストレッチは、
練習や試合の前後にきちんと行うように心がけましょう。
ただし、
ストレッチを行う上での注意点があります。
注意点を心がけず、
何となく取り組んでいるようでは野球肩の予防効果が期待できません。
その為、
きちんと注意点を踏まえた上で取り組み、
野球肩を予防しましょう。
まず、
リラックスした状態を作るという事です。
いきなり始めるのではなく、
まずリラックスした状態を作る事が大前提です。

 

その為には、
駆け足を数分行ったり、
体をゆっくり動かす事が良いでしょう。
また、
背伸びを行うと
心身共にリラックスした状態を作る事ができるでしょう。

 

さらに、
こうして体を動かす事で、
体を温める事ができます。
冷え切った体では、
ストレッチを行っても意味がないので、
必ず温まった状態で取り組むようにして下さい。

 

続いて、
筋をゆっくりと伸ばす意識で行うという事です。

決して反動をつけて勢いで行ってはいけません。
そして、
痛みを感じない程度で止める事も大切です。
痛みを感じるほど伸ばすと筋肉が緊張してしまうので、逆効果です。

痛みを感じない程度で、行うようにしましょう。

 

リラックスした状態と繋がる注意点としては、
呼吸を行う事が挙げられます。
呼吸を止めると、
どうしてもリラックス状態とは呼べません。

 

その為、
常に呼吸を意識しながら取り組むようにして下さい。
また、
呼吸以外にもストレッチを行っている筋にも意識を向けましょう。

そうすると、神経から筋までの働きも良くなるはずです。

Menu

HOME

 TOP